資産ベースのアプローチによる資産配分

各資産の配分を一定に保つことにより、ポートフォリオの資産クラスを分散します。

様々な資産クラスに資本を配分することによって、運用に伴う損失リスクを軽減しつつ安定したリターンを目指します。

ポートフォリオ・マネージャーは、まず景気サイクルを分析し資産配分の戦略を立てます。その後、株式、債券、現金、通貨等に資産を配分し、リスク調整後リターンを改善するためにコモディティーやヘッジファンドといったオルタナティブ投資への追加アロケーションを行います。

リターンを左右する様々な要因に基づいてお客様のポートフォリオの資産配分を調整します。様々な要因とは、絶対的バリュエーションや過去のバリュエーションの水準、相対的割安度、資産クラスの相関性、現在の景気サイクル、さらに、市場心理といったものです。

元本を維持しつつ、お客様の資産を増やすという目標を達成するために、ロンバー・オディエでは、ポートフォリオのとるリスク量の上限を決めることにより損失限度額を設定します。